仙鼠眠る

読経の声を初めて見たあの白毛マウスは、第47難しい彼女の道。
香をたく山昔仙ガスによって、確かにいいところ、いつからかれが修業の狐が占める。読経の声の第47難しいが、行くを降服してこの狐の三大。
以前読経の声も来ていたこの香山、でもあの時の山をより良くなった今。楊海成今回の週りばかり豺狼虎豹施法、読経の声は、強引に駆動締め殺す3匹の狐は笛の音、4匹の花豹は限界。正当な彼女はあはあダウンうたたね、隣カサコソと伝わる不自然の声、読経の声は意識を放つ神は人だけ化型のマウス。
ふと見ると彼は引っ込み思案で、読経の声からぶり約何丈が遠い距離、来たいもできて、読経の声やや考えも理解:香山妖魔が横行し、それだけ本気の幹線道路をあまり彼女の身の下で横たわるのこの条に庇護され天子幹線道路、陽が、妖魔たたりを占拠して山をも恐れて衝突幹線道路の金剛佛印、もしもこのマウスと平安を誘発しないこの山は、本当にこの道から上を歩いて。彼女はすぐさま起き上がりして、彼のために道を譲る。
彼女の好意が予想しない挙動というこのマウスを誤解して、しかも誤解深い。彼がちょうど臥草むらで目撃したのは、この女はいかにキャストだけで支笛術も殺したなら一緒上视大敵の各道の妖怪で、彼はただネズミ、食いしん坊言わない、命を惜しむことには、それを見て彼と閻魔起き上がりに向けて、彼女は自分で小さいよう命はびっくりして、彼は忙しくて懐から数人でよってたかって何かを取り出して、見ても見ない愚直に彼女に投げ。
読経の声からの御札され、法器糊はしょっちゅうに満面の解明を目の前にいる枚、展開を見ると、失笑を禁じえない:“これはグラムのニシキヘビ。」
闻言、向こうの人はあっけにとられました、この様子では彼女は蛇精。そこで、彼は背中をおろした荷物を置いて、広げて、むやみに一枚のまた飛び過ぎて行きました。
この枚の確かさで、乗せた読経の声耳の横。読経の声を握っている紙ながら一字一句「急いで向けなどの律令、すぐにこの鼠狼まだ。」
これは、この読めない、反対に、向こうの顔はゴーヤになっている。痛ましく、彼女もイタチの化身ではない、それは何か、キツネ?いけないよ、聞いてないが内部闘争を山のニュースを、彼女の兵器は笛、實德おとなしく、やはりぶつけ笛精だろうが、彼は笛精制のもの。
木はみんな火のことを恐れて!そこで彼の決断は、袖を袋に取り掛かっ打フリント、指が躍ってフリント違う、迸るずつ火星は、燃える勝手に一枚の何御札、にぎり割訣加点、読経の声。
読経の声今回笑わないで、時間がない、どこになっ彼女とこの関係の妖引き続き揉め?山の奥に隠していることの狐の三時こちらへ駆けつけ、再とこの出所不明のマウスを起こして、彼女はどこも意を得ず意を用いる一挙にしたそれだけ曲者。
そして、彼女は少し間違い身、通称は燃え向け左草むらの符。いい巧あいにく、真ん中を埋蔵そこで奇襲読経の声の三大狐。火が一気に焼くていたあの草原、連帯して狐の三大旦那のふんわりタイプのしっぽ。狐の三嗷音が飛び出してきて、やみくもにたたかれて身の炎。
この計略にたけた狐の失策、スターリングラードどう自乱態勢が、彼のせいでもない、誰に突然尾焼けもしないこと急火攻心いくらか頭。目を閉じて読経の声、縄を縛って妖は、人の心が、このキツネの三大旦那のは手足が冷たい、手足を縛られ、硬直ががっちりと動かないでください。
そのマウスの顔見て泣きそうな弱虫ぐらい、読経の声にし楊海成 わを背負って1、ちまき状の狐三歩かなければならない。いきなり抱きしめる人太もも、彼女は頭を下げて見ますと、まさにそのだけマウス。
彼は死命を抱いて太もも彼女は、見上げ涙泫满眶泣くように、大声で叫びます:“侠女親切!助けてくれ!」